お問い合わせ サイトマップ
育成医療指定医療機関 おぎの歯科・矯正歯科クリニック

矯正治療

矯正治療とは

単に見た目を良くするのではなく、歯が磨きづらく、虫歯や歯周病になりやすかった歯を健康にし、コンプレックスの解消により精神的にも明るくなります。また、噛み合わせは全身のバランス、顎関節症、記憶力、咀嚼低下による胃腸障害、肩こり、頭痛などに密接に関係します。

ページのトップへ↑

装置の種類

最近の矯正治療をご存知でしょうか?今では材料の進歩により目立たず、痛くなく、短期間で、楽しみながらシンプルにそしてなによりも皆様のニーズにあったプランで歯列矯正ができるのです。

透明ブラケット

透明ブラケット

当院で一番人気。
ほとんど目立ちません。
最近では頑丈さも
メタルと大差なし。

メタルブラケット

メタルブラケット

何といっても
一番しっかりしている。
装置費用も割安。

ページのトップへ↑

不正咬合によるデメリットと矯正治療のメリット

歯並びが悪くても、本人が気にしてなければ、矯正の必要は無い、と考えていませんか?不正咬合は見かけが良くないというだけではなく、いろいろな障害をもたらします。

1、食べ物がうまく噛めない
虫歯もそうですが、歯並びが悪いとバランス良く物が噛めません。噛み砕く力が弱く、食べ物を大きな塊のまま飲み込むことになり、胃や腸などに負担がかかります。
2、 発音がはっきりしない
発音には前歯のかみあわせがすごく重要です。出っ歯、開口などで前歯がしっかりかみ合わないとスースーと息がもれてしまい、サ行やタ行、英語ではS音、T音がうまく発音できないことがあります。
3、 虫歯や歯周病になりやすい
歯並びが悪いと歯が磨きずらくなります。歯垢や歯石が溜まりやすく、虫歯や歯周病になりやすいし口臭の原因にもなります。また綺麗な歯並びの人と比べると治療もしずらいです。
4、 顎の成長が阻害される
噛み合わせが反対だったり、横にずれていたりすると、顎の発育が阻害されたり、違った方向にあごが発育したりします。またしっかり噛めない歯並びではあごの骨に刺激が行かないので骨ばかりではなく周りの筋肉も発育が悪くなります。
5見かけが悪い
何が美しいかの価値観は人によってことなりますが、極端な出っ歯や受け口やデコボコの歯並びを美しいと思う人はいません。口元の美しさは人によい印象を与えます。お子様の場合は性格形成にも影響を与えます。

ページのトップへ↑

歯のタイプ別 治療前・治療後

歯並びの悪い咬み合わせのことを不正咬合(ふせいこうごう)といいます。 不正咬合にはいろいろなタイプがあり、それぞれの特徴と欠点があるのです。 また治ったところも見てどのタイプが自分に似ているか、それがなぜよくないかを知ってください。

出っ歯(上顎前突)
出っ歯(上顎前突) 治療前・治療後上の前歯が下の歯に比べて極端に突き出ている状態。歯が出ているので口が閉じずらい、口元が出てしまい横顔がよくない。鼻が低く見える。口呼吸の原因になったり、正常な咬み合わせの人よりも歯を折ったり欠けたりするリスクが高い。
うけぐち(反対咬合)
うけぐち(反対咬合) 治療前・治療後上の歯と下の歯の咬み合わせが逆、よこ顔もシャクレている。食べ物が食べずらかったり、発音がうまくいかない。
八重歯・デコボコ(叢生)
八重歯・デコボコ(叢生) 治療前・治療後とにかく歯が磨きずらい、八重歯で口が閉じない、虫歯になりやすい。写真うつりで口元に影ができる。機能的な咬み合わせの運動が行いずらい。
過蓋咬合
過蓋咬合 治療前・治療後前歯の咬み合わせが深く下の前歯が見えない状態。下の顎の動きが制限されてしまう。下の前歯が上の内がわの歯肉を咬んでしまう。
開口(開咬)
開口(開咬) 治療前・治療後上の前歯と下の前歯が咬み合わず隙間が開いている状態。 そば、パスタ、のりが前歯で咬めない、話してても息がもれる、舌が出てしまう。口呼吸の原因。

ページのトップへ↑

治療費

治療費は状態により異なります。ご相談ください。

ページのトップへ↑

治療の流れ

(1) 初診
治療に関する心配や疑問をお聞きしながら、矯正治療について説明します。
(2) 矯正検査
診断に必要な横顔や顎関節のレントゲン撮影、口の中の写真撮影、歯形採取等を行います。
(3) 診断
検査の結果より得られた診断結果に基づいて治療方針を説明します。
(4) 治療開始
歯に装置を付けて治療開始となります。
小児の場合、取り外しの利く装置を使用する場合もあります。
(5) 歯の移動
1ヶ月に1度の割合で来院していただき装置の調整を行います。
治療期間は、個人差により異なりますが、成人の場合2年位です。
(6) 保定(終了)
歯の移動が終了し装置を除去した後、歯が骨の中で安定するまで取り外しの利く装置を使用します。

ページのトップへ↑